excitemusic

わたしは声優・斉藤隆史です            今後ともよろしく…
by saito_takasui
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本語が乱れています

日本語が乱れています
なんてのは、昔から言われていることです
まぁ、言葉なんてのは、時代とともに変わるものだと僕は思っています

文化庁の日本語調査によると、激しく怒る意味の慣用句として、
本来の「怒り心頭に発する」を使う人が14・0%に とどまったのに対し、
「怒り心頭に達する」を使う人は、約5倍の74・2%に達しているそうです

ほかにも、
周囲の人に明るく振る舞うという意味の言葉として「愛想を振りまく」を選んだ人は48・3%
本来の言い方の「愛嬌(あいきょう)を振りまく」の43・9%より多かったのです

それと、
はっきりと言わないことを意味する慣用句「言葉を濁す」は66・9%で本来の言い方が上回ったものの、
「口を濁す」との間違った言い方も、27・6%に上りました

そういえばこの前、朝のワイドショーを見ていると、司会者が、
「命あってのものですから…」
なんて言っていたのを聞いて、ズッコケタことがあります
「命あっての物種」を、この司会者は「命あってのモノだね」だと思っていたんでしょうね

有能な人材を早くから獲得することを「青田刈り」といいますが、もともとは「青田買い」がその意味で、「青田刈り」には別の意味がありました
言葉が混同され、いつのまにやら「青田刈り」が普通になってしまいました

こんな風に、言葉って変わっていくんでしょうかね
[PR]
by saito_takasui | 2006-07-26 23:35 | 日記
<< 脳内年齢 趣味が合う方々 >>