excitemusic

わたしは声優・斉藤隆史です            今後ともよろしく…
by saito_takasui
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


とらやを食う日


私の名は斉藤隆史


新米の声優である


今はとある番組の収録を済ませて

新宿の地下を歩いているところだ


こうした収録現場との往復は

私にとって何よりの生きがいである


声の仕事に身をささげることを

使命とも思っている


節約の日々も

私には苦痛ではない…


と その時

伊〇丹の地下がきれいになっていることに気づいた


私は好奇心から

のぞいて見たい欲求にかられた


「あっ…!」


そこには数々の高級お菓子の専門店が集まっていた…


節約を実践する声優の私にとって

それは青天の霹靂ともいうべき光景だった…


そこには

私が幾度となく

夢想しては必死にふりはらってきた

羊羹で有名な「とらや」も


「いらっしゃいませ」


私はあわてて逃げようとした

しかし、不覚にも食欲が優先し、

思うようにショーウィンドウの前から離れられなかった


この時…

私の心の中に

店員に接客されたい思いが

まったくなかったであろうか…


「あの…こ、これを…」


私は、財布を開いてしまった…


f0103872_1749224.jpg


節約に身をささげた私ではあったが

日々夢想していた

「とらや」の羊羹を食べる時が

今 現実のものになっていた…


初めて知るとらやの羊羹のあじわい…


しかし そんな中でも

脳裏では

やはり節約という文字がちらつき

心は乱れに乱れていた


しかし羊羹の旨さに

次第に頭はからっぽになっていった


食べ終わったとき

私は、信念が崩れ去った思いがしていた…


この私が…


節約を礼賛し

それが声優の道と信じてきた私が…


あのような高級な食べ物を…


その日から私は

節約もいいが、たまには贅沢する


そんな道を選んだのだった…
[PR]
by saito_takasui | 2007-11-05 18:25 | 食べ物・飲み物
<< 僕は浮気症 すかじゅんテクニック >>