excitemusic

わたしは声優・斉藤隆史です            今後ともよろしく…
by saito_takasui
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヴィ〇ンを買う日


私の名は斉藤隆史


新米の声優である


今はとある番組の収録を済ませて

帰宅途中に池袋を歩いているところだ


こうした

声の仕事を行う日々は、

私にとって何よりの生きがいだ


声優の道に身を捧げることを

使命とも思っている


禁欲の日々も

私には苦痛ではない…


と、その時

眩しく輝く大きな建造物が目にとまった


池袋三〇である


私は好奇心から

のぞいてみたい欲求にかられた


「あっ…!」


そこには

数々の高級ブランドのショップが…


禁欲を実践する新米声優の私にとって

それは

青天の霹靂ともいうべき光景だった…


そこには

私が幾度となく夢想しては必死にふりはらってきた

ルイ・ヴィ〇ンも…


店員「いらっしゃいませ 何かお探しですか」


私はあわてて逃げた


彼女らは追いかけてきた


私は必死で走った…


しかし不覚にも

物欲が怒張して思うように進めず

差はつまる一方だった


この時…

私の心の中に

彼女らにつかまりたい思いが

まったくなかったのであろうか…


ガッ!

↑ つかまった音


店員1「逃げなくたっていいじゃねぇかよ 

    え?声優さんよ」



店員2「私たちの売っているものを見たいんなら遠慮するなよ
    
    いくらでも売ってやるぜ」



私の財布は

たちまち彼女らにむかれてしまった…


店員1「新米声優にしちゃけっこうもってるじゃねぇか」


店員2「ひゃ~~~うまそ---」


店員のうちの一人が

私に商品をすすめてきた


禁欲に身をささげた私ではあったが

日々夢想していたヴィ〇ンを手にすることが

今 現実のものになっていた…


初めて知る高級ブランド…


しかし そんな中でも

脳裏ではやはり

禁欲という文字がちらつき

心は乱れに乱れていた


しかし店員たちの懇切丁寧な行為に

次第に頭はからっぽになっていった…


それどころか…


初めての店員とのぶつかり合いに

いつしか私は

自ら財布を開き、

お金を出していたのである


すべてが終わった時

私は

信念のようなものが

崩れ去った思いがしていた…


この私が…


禁欲を礼賛し

それが声優の道と信じてきた私が…


あのような

あられもない行為を…


店員2「新米の声優さんよ 気がむいたらまた来なよ

    いつでもかわいがってやっからよ!ヒャハハ」



その日から

私の身につけているあらゆるものの中で、

パスケースが一番高い

という結果になったのだった…








*注:この日記はフィクションが多分に含まれています

    実際のルイ・ヴィ〇ンの店員さんは

    こんな乱暴なしゃべり方はしません

    とっても丁寧親切でした
[PR]
by saito_takasui | 2007-12-23 20:14 | 日記
<< デスレース2000 ビンゴ大会当たりまくり! >>