「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

わたしは声優・斉藤隆史です            今後ともよろしく…
by saito_takasui
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
最新のコメント
私も当時購入して、いまだ..
by すーぱーぺるる at 11:07
バホバホは当時所ジョージ..
by 123 at 18:32
おめでとうございます ..
by ゆ~・バクサ at 16:56
検索したらたどり着きまし..
by 61 at 01:38
最近、ザク豆腐のガチャが..
by ゆ~・バクサ at 14:15
グロいか?
by え at 09:33
>>ゆ~・バクサさん  ..
by saito_takasui at 16:52
(゚Д゚)モーニング息子..
by ゆ~・バクサ at 13:13
>>ゆ~・バクサさん  ..
by saito_takasui at 08:10
(*゚∀゚)!世界一有名..
by ゆ~・バクサ at 00:25
世界一有名な配管工じゃな..
by ゆ~・バクサ at 00:25
>>ゆ~・バクサさん  ..
by saito_takasui at 17:26
>>マイケル村田さん  ..
by saito_takasui at 17:25
\(゚◇゚)/、おめでと..
by ゆ~・バクサ at 12:50
ぴゅう太は他のバージョン..
by マイケル村田 at 09:25
>>ゆ~・バクサさん  ..
by saito_takasui at 19:50
ブログパーツ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「リフレクトワールド」に挑戦!

1987年6月2日発売  イーストキューブ
ファミコンディスクシステム・ディスクカード  シューティングRPG


f0103872_17403897.jpg

すごく…マイナーなゲームです…


マニュアルに、

「シミュレーションRPG」と書いてありますが、

一般的なシミュレーションの要素は全くありません


アクションRPGといっても良いぐらいです


この当時は「シミュレーション」というゲームジャンルが珍しく、

ファミコンではまだ発売されていませんでした


そのため、

ユーザーの興味を引くために「シミュレーション」とつけたのでしょう


まさか制作スタッフもシミュレーションゲームが

どんなものか知らなかった…なんてことはないでしょう…




プレイヤーは「MFV」(何の略かは不明)という戦車を操作し、

もうひとつの地球「リフレクトワールド」を襲った災いの元凶、

巨大移動要塞「ダイバダスト」を破壊するのが目的です




f0103872_185433.jpg

ゲームをスタートさせると、

何の説明もなくいきなり荒野に放り出されます



試しに下の方へ行くと…


f0103872_18143119.jpg


敵と遭遇したものの、

こちらから攻撃することができません


しかも「MFV」は車体が大きく動きが鈍いため、

敵からの攻撃を避けるのもままなりません


袋叩きにあい、

あっという間にゲームオーバーになります


じつは、

右上のほうにショップがあって

そこで大砲やバリヤー、

バリヤー用の燃料などを購入しなければ

「MFV」は戦うことが出来ないのです


大砲ぐらい地球で積んでこいよ…


敵を倒すとお金が手に入るので、

それを使ってより強い武器を手に入れ

パワーアップしていきましょう






このゲームはかなりキビシいゲームです


エリアによっては、

何の目印もない荒野を無限にループし続ける場所があります


また地下ダンジョンは、

まったく同じ地形が無限ループで、

しかも複数階に連なり、

ちょっとしたミスで

自分がどこにいるのか何階にいるのか分からなくなります


正直、攻略本必携です


当時のゲーム誌の評価はものすごく低いものでした



ですが、

僕はこのゲームが好きです


大きくパワーアップさせると、

敵弾を全く気にすることなく撃ちまくれるようになり、

非常に爽快です


また、

「森林伐採砲」などの個性的で斬新な武器は魅力的で、

装備をどれにするのか考えるのも楽しいです

(このへんがシミュレーション?)


上記の迷いやすい地形さえなければ、

ひょっとするとゲーム史に残る名作になり得たかもしれない

惜しいゲームです(それは言い過ぎか…)


このゲームは発売当時にクリアし、

攻略本も手元に残っているため、

今回の挑戦でもクリアできると思います


エンディングにこうご期待!!





追記


6月13日

クリアしました!
[PR]
by saito_takasui | 2008-05-29 18:49 | ゲーム記 | Comments(0)
<< こんなこと初めてだけどいいんで... とりあえず、「まじんのかなづち... >>