excitemusic

わたしは声優・斉藤隆史です            今後ともよろしく…
by saito_takasui
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:航空機模型( 17 )

航空機模型コレクション17 すごく…大きいです…


かつて日本には、

あのアメリカのB29爆撃機をもしのぐ大きさの

爆撃機があったことをご存じでしょうか?














f0103872_18435513.jpg

f0103872_18441584.jpg

f0103872_18452676.jpg

日本陸軍 九二式重爆撃機


その翼幅と翼面積はB29をも上回り、

日本陸海軍機中最大の機体である





f0103872_18554932.jpg

同じスケールの日本陸軍最後の重爆撃機、

四式重爆撃機「飛龍」と比べるとこの通り



しかしながらその巨大すぎるが故の

運動性能の劣悪さを始めとした様々な問題のため

一度も実戦に投入されることはなかった


だが

見る者を圧倒させるその巨体は

一般民衆向けのデモンストレーションとして利用された


全長23.20m
全幅44.00m
全備重量25,488kg
最大速度200km
航続距離2,000km
武装7.7mm機銃×8
  20mm機関砲×1
爆弾搭載 最大5,000kg
乗員10名

f0103872_12395535.jpg

f0103872_1240231.jpg

[PR]
by saito_takasui | 2011-06-30 19:10 | 航空機模型

航空機模型コレクション16 艦上爆撃機「彗星(すいせい)」

f0103872_17572093.jpg

f0103872_17573428.jpg

日本海軍 艦上爆撃機 彗星一一型
第五二三海軍航空隊 昭和一九年 テニアン島


九九式艦爆」の次世代艦上爆撃機


九九式艦爆とは比べ物にならないほどの高性能機であるが、

液冷エンジンを採用したため「飛燕」同様、

常にトラブルに悩まされ稼働率は低かった


また、

当時は未熟な搭乗員が多く、

あまり大きな活躍は出来なかった


が、

一つ特筆すべき戦果がある


昭和19年10月24日、

フィリピン・ルソン島沖を航行中のアメリカ空母プリンストンに、

突如一機の「彗星」が雲間を抜け、

まさに彗星のごとく急降下してきた


その「彗星」の投下した爆弾は見事命中、

プリンストンは大爆発を起こし沈没、

救援中の軽巡洋艦バーミンガムも巻き添えを喰らい、

大きな損害を受け、

他軽巡洋艦1隻駆逐艦2隻も軽微ながら損害を受け、

所属する艦隊自体も立ち往生に陥った


たった一機で多大なる戦果をあげたこの「彗星」が、

どこからやってきて、

そして誰が搭乗していたのか、

いまだ知られていない


全長10.22m
全幅11.50m
全備重量3,750kg
最大速度580km
航続距離2,389km
武装7.7mm機銃×3
爆弾500kg×1、30kgまたは60kg×2
乗員2名
[PR]
by saito_takasui | 2010-11-22 14:37 | 航空機模型

航空機模型コレクション15 九九式艦上爆撃機

f0103872_16152712.jpg
f0103872_16154861.jpg

日本海軍 九九式艦上爆撃機一一型


最も多くの連合軍艦艇を撃沈した急降下爆撃機


日米開戦当初は、

搭乗員の練度の高さともあいまって、

華々しい戦果を挙げたものの、

中盤以降は旧式化し、

性能不足となっていた


しかしながら、

後継機の開発が遅れたため使われ続け、

多大なる損害を被った


そのため、

「窮々式艦爆」とか「九九式棺桶」と揶揄されることに


そして最後は

特攻機として多くが使用された


その損耗率はじつに90パーセント以上


零戦同様、

栄光と悲劇に彩られた、

日本を象徴する軍用機である


全長10.19m
全幅14.36m
全備重量3,650kg
最大速度387km
航続距離915km
武装7.7mm機銃×3
爆弾250kg×1、30kgまたは60kg×2
乗員2名
[PR]
by saito_takasui | 2010-11-14 20:53 | 航空機模型

航空機模型コレクション14 百式司令部偵察機


f0103872_12163663.jpg

f0103872_1216527.jpg

日本陸軍 百式司令部偵察機三型甲
飛行第一五戦隊所属機


愛称は「新司偵(しんしてい)」


その美しい流線型の機体、

優秀な高速性能および高高度性能、

長大な航続距離(最大で4000kmに達した)など、

日本を代表する傑作機の一つである


太平洋戦争開戦時には

すでに旧式化しつつあった「九七司偵」に変わり、

終戦まで主力偵察機として活躍


連合国からは、

「空の通り魔」などと呼ばれ恐れられた


百式司偵の高高度性能は、

日本軍機の中でもとくに優秀であり、

武装を施し、

日本本土に来襲する敵爆撃機の

迎撃に活躍するものもあった


全長11.00m
全幅14.70m
全備重量5,720kg
最大速度630km
航続距離2,474km
武装なし
乗員2名
[PR]
by saito_takasui | 2010-11-05 16:13 | 航空機模型

航空機模型コレクション13 九七式司令部偵察機

f0103872_2024534.jpg

f0103872_20251491.jpg

日本陸軍 九七式司令部偵察機一型


日本初どころか世界初の戦略偵察機


徹底した空気抵抗を軽減する設計により、

当時としては非常に優れた高速を発揮


主に日中戦争で使われ、

中国大陸奥地まで偵察し、

追いすがる敵機を振り切り、

多くの情報を司令部にもたらした


全長8.49m
全幅12.00m
全備重量2,033kg
最大速度480km
航続距離2,400km
武装7.7mm機銃×1
乗員2名
[PR]
by saito_takasui | 2010-11-04 00:54 | 航空機模型

航空機模型コレクション12 零式水上観測機

f0103872_16331679.jpg

f0103872_16333261.jpg

日本海軍 零式水上観測機一一型
特設水上機母艦「神川丸」搭載機


略して「零観(ゼロカン)」


日本海軍最後の複葉機である


見た目は旧式な複葉機でも、

当時最新の技術が使われており、

機体は一部をのぞいてほぼ全金属性である


運動性能や上昇力を重視したため、

あえて複葉機として設計された


「零観」は戦艦の砲撃戦において、

味方の弾着を観測するのが任務であったが、

太平洋戦争では戦艦同士の砲撃戦は、

すでに時代遅れとなりほとんど行われなかった


しかし、

哨戒や偵察、船団護衛、

基地防空に大活躍


そのすぐれた運動性能を生かし、

敵戦闘機とも互角に渡り合った



全長9.50m
全幅11.00m
全備重量2,550kg
最大速度370km
航続距離1,070km
武装7.7mm機銃×3
爆弾30kgまたは60kg×2
乗員2名
[PR]
by saito_takasui | 2010-11-02 17:08 | 航空機模型

航空機模型コレクション11 百式重爆撃機「呑龍(どんりゅう)」

f0103872_1943942.jpg

f0103872_1945828.jpg

日本陸軍 百式重爆撃機 呑龍二型


戦闘機の護衛がいらない、

高速・重武装の重爆撃機として開発された


しかしながら、

期待通りの性能は発揮できず、

つねに戦闘機の護衛を必要とし、

750kgという爆弾搭載量の少なさとも相まって、

あまり活躍できなかった


全長16.81m
全幅20.42m
全備重量10,680kg
最大速度492km
航続距離3,000km
武装7.7mm機銃×5、20mm機銃×1
爆弾750kg
乗員8名
[PR]
by saito_takasui | 2010-10-31 19:34 | 航空機模型

航空機模型コレクション10 局地戦闘機「紫電改(しでんかい)」

f0103872_17505022.jpg

f0103872_17511234.jpg

日本海軍 局地戦闘機 紫電二一型(紫電改)
第343海軍航空隊(2代) 戦闘第301飛行隊 菅野直大尉搭乗機
愛媛県・松山基地 昭和20年4月


「零戦」を水上機化した「二式水上戦闘機」と違い、

最初から水上戦闘機として設計・開発された

水上戦闘機「強風」を、

陸上機化したのが局地戦闘機「紫電」


その紫電をさらに改良したのが

「紫電改」


「紫電改」とは通称であり、

正式名称は「紫電二一型」である


大戦末期に

「精鋭」343海軍航空隊に配備され、

多数の米軍機を撃墜した


全長9.35m
全幅11.99m
全備重量4,000kg
最大速度596km
航続距離1,715km
武装20mm機銃×4
爆弾60kgまたは250kg×2
乗員1名
[PR]
by saito_takasui | 2010-10-30 18:30 | 航空機模型

航空機模型コレクション9 局地戦闘機「雷電(らいでん)」

f0103872_19141694.jpg

f0103872_19144568.jpg

日本海軍 局地戦闘機 雷電二一型
第302海軍航空隊所属機


局地戦闘機は、

現在で言うところの「迎撃機(インターセプター)」であり、

航空母艦での運用する艦上戦闘機と違い、

陸上での運用が前提であり、

主に来襲する爆撃機の迎撃が任務である


敵爆撃機の高度まで達する上昇力と、

追いつける速力を重視したため、

大型の大馬力エンジンを装備


そのため胴体が太くなり、

ずんぐりとした容姿が特徴的な機体となった


機体の構造の問題で、

エンジンやプロペラに異常振動を起こしたものの、

速度や上昇力や運動性は、

日本軍戦闘機の中でトップクラスを誇り、

日本本土防空に大きな力を発揮した


全長9.69m
全幅10.85m
全備重量3,210kg
最大速度616km
航続距離1,898km
武装20mm機銃×4
爆弾30kgまたは60kg×2
乗員1名
[PR]
by saito_takasui | 2010-10-29 19:57 | 航空機模型

航空機模型コレクション8 二式水上戦闘機

f0103872_5313127.jpg
f0103872_5315065.jpg

日本海軍 二式水上戦闘機


水上機化した「零戦


水上離発着用のフロートを装着したため、

空気抵抗や重量増加で速度や航続距離は落ちたものの、

「零戦」ゆずりの運動性能を誇った


この当時、

欧米諸国に水上戦闘機はほとんど存在せず、

飛行場建設能力の低かった日本ならではの

機体といえるだろう


全長10.13m
全幅12.00m
全備重量2,460kg
最大速度436km
航続距離1,778km
武装7.7mm機銃×2、20mm機銃×2
爆弾30kgまたは60kg×2
乗員1名
[PR]
by saito_takasui | 2010-10-28 05:58 | 航空機模型